就業規則作成

就業規則作成

就業規則は「転ばぬ先の杖」です。「何かが起こってからでは遅い」就業規則の重要性
「自社は従業員との関係が良好だから大丈夫」という会社であっても、今後も問題が起こらないとは言いきれないものではないでしょうか。
自分の仕事はさておき、権利主張するいわゆるモンスター社員が増加していると感じませんか。たった一人の従業員とのトラブルやたった一つの法律上の不備であっても大きなトラブルに発展しかねません。ご相談の多くがトラブルが起こり、問題が深刻化してからという現状を変えていきたいと強く願っています。会社のルールである就業規則の作成は私どもへお任せください

就業規則に関してこのようなお悩みはございませんか?

・雛形を使って作成したが、関係法令を満たしているのか不安
・横領した社員を解雇したい
・退職時にまとめて有給休暇を請求された
・パワハラだと指導に対して申告があった
・毎週遅刻をする社員に厳罰を与えたい
・無断欠勤が続いているので解雇にしたい
・履歴書と異なる経歴があって仕事で使えない
・働き方改革対応の就業規則へ改定したいが、どう進めていいかわからない

就業規則に関してこのようなお悩みがあれば、まずはトルシュ社会保険労務士法人にご相談ください。

就業規則は早めの対処が望ましいと言えます

トラブル対応への「無駄なストレス」から解放します。また、法改正を調べる「膨大な労力」は不要です、専門家にお任せください。
実際にトラブルになった際には、従業員は労働基準法という法律で保護されていますが、会社を守る法律はないのです。唯一の会社を守る手段は「就業規則」です。
就業規則に関するご相談は、ご相談いただくほとんどが、問題が深刻化してからです。そして初めてご相談いただく法人様のほとんどは、まず始め自社で解決を試みる傾向があります。ただ、その場合ほぼ間違いなく問題が深刻化し、専門家に相談することになります。専門家が始めから関われれば、無駄な費用や時間、そして精神的な労力・疲労をかけなくてもよかったと、後々思っていても意味がありません。
深刻化しないための「回避策」や、「早期解決策」を熟知している私たち専門家に一度相談してみませんか、お気軽にご相談ください。

就業規則作成代行費用

就業規則作成代行費用  150,000円(税別)~