労働保険事務組合

労働保険事務組合

労働保険事務組合とは、中小事業主が行うべき労働保険事務処理の負担軽減を目的とした、労働保険の保険料の徴収等に関する法律(徴収法)等を根拠法として設立される団体をいいます。

労働保険事務組合への入会メリット

【1】手続時間や労働保険料の申告・納付等に関する負担が大幅に軽減
専門家である社会保険労務士が、労働保険の事務処理を行いますので、煩雑な事務処理や行政への手続時間拘束・労力から解放されます。また、新しい情報の入手や人事労務管理の適切なアドバイスを受けられ、経営に専念できます。
【2】金額にかかわらず労働保険料を3回に分けて納付可能
労働保険料を3分割し3期に分けて納付することもできますので、年度始めの資金繰りが調整できます。
【3】労災保険へ加入できない中小事業主やその従事者(労働者ではない方)に特別加入が認められます
中小事業主等(社長、取締役、家族従業員)が、一般従業員と同じ労災事故に関する給付が受けられる労災特別加入制度に加入でき、安心して仕事に専念できます。詳細については「労災特別加入」をご覧ください。

労働保険事務組合である企業発展支援協会


http://www.jikumi.jp/
企業発展支援協会は労働保険事務組合であり、中小事業主労災保険特別加入のための労働保険事務組合として厚生労働大臣認可を得ていますのでお気軽にご相談ください。